スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山高原でスノーシュー

朝食後、スノーシューで歩きに行かないかとカミさんが言いました。

スノーシューで歩くということは、雪がなければいけません。
安曇野界隈は雪が少ないので無理。
そこで大町以北のどこかに行くことにしました。

我が家の場合、山に行くときは原則わんこ連れ。
そこで頭に浮かんだのは、大町市の中山高原(大町スキー場)、ヤナ馬スキー場、青木湖スキー場。
スキー場なら雪はあるだろうし、いずれも今シーズンは営業していません。
きっと、わんこを連れていっても大丈夫でしょう。
逡巡した揚げ句、とりあえず中山高原に行ってみることにしました。

家を出て北を見たら、空気が白い。
雪だったら、ただの修業だよな。
修業だったらやめよう、と思いながら大町に向かいます。

中山高原入口

スキー場入口はこんな感じ。
クルマも何台か停まっていましたが、雪の上で遊んでいる人はいませんでした。
天気も大丈夫そう。

スノーシューを履いて、いざ行かん。
あれ?
手ぶら??
ストックを忘れてしまった!
でも「わんこ」のリードを持って行くのだ。

圧雪してあるところもあったけれど、基本的に新雪。
スノーシューを履いていても結構潜ります。
ところが我がカミさんは、それほど潜らないらしい。
またもや体重の差がハンディとなってのしかかります。

すもも

わんこも新雪ではラッセル状態になります。
「すもも」は新雪が楽しいらしく、跳ねて遊んでいました。

まろんのたしなみ

ゲレンデの真中に、「おひさまロケ地」のポールあり。
「まろん」はすかさず男のたしなみ。

ちなみに、大きい方もやらかしましたが、ちゃんと回収して帰りました。

スノーシュー

いつ買ったのかも忘れてしまった、古いスノーシュー。
メタボオヤジにとってバックルが止めやすかったのが決め手でした。
下に写っている円形のものは、おぉ、引っ込めるのを忘れた腹じゃあないか!

お疲れのまろん

「すもも」に引きずり回されてお疲れの「まろん」
足の裏に雪がつくと、気になって歩けません。
「すもも」は自分でかじってとるのですが、おぼっちゃまの「まろん」は人にとらせるのです。

ゲレンデの中にリフトは残っていません。
でも、小屋と電線が残っているので、どこにリフトがかかっていたのかわかりました。
栄枯盛衰。ちょっと感傷に浸ります。

最後に、短い中級ゲレンデ程度の斜面を下りました。
スノーシュー、下りはニガテです。

転ぶカミさん

圧雪されたバーンで転ぶカミさん。
こちらはやはり転びそうになったので、早々に新雪の中に避難しました。

「お腹が空いた!」
「きょうはここまでにしておくか」とカミさん。

駐車場に戻ったら、クロカンに来たオジサンが1人、話しかけてきました。
運動不足解消のため、時々歩きに来ているらしい。

春の菜の花の時期に是非来るようにと勧められました。

そして数年前にゲレンデの横に出来たコーヒーハウスのこと。
菜の花や蕎麦の花の時季に白馬岳をバックに写真を撮ろうとすると、その店がものすごく邪魔なんだそうです。
その気持ち、良く分かります。

ゲレンデにトレースをつけに向かうオジサンの背を見ながら、我々は帰途につきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。