FC2ブログ

尖石遺跡に行ってきた!

茅野市にある尖石遺跡に行ってきました。
八ケ岳山麓の陽当たりの良い南向き斜面にあり、
縄文時代の遺跡としては、国内有数の大きな遺跡です。

考古館には国宝の土偶や重要文化財の土器などが展示されていて、見応えあり。
土器の文様付け体験や火起こし体験も出来ます。

展示資料を見ると、石器時代~縄文時代~弥生時代と、
集落が山から里に下りて行ったのがわかります。
生活が、狩猟採集から畑作、そして稲作に変わっていくにつれて、
暮らす場所も変わっていったのでしょう。
それは同時に水に近づいて行った歴史でもありました。

時代は変わって、糸魚川から塩尻までの塩の道。
この道も、姫川沿いは通らず、わざわざ山の中を迂回していたのは、
水害の怖さを知っていたからでしょうか。

縄文の遺跡を見ながら、そんなことを思いました。

尖石

写真は、尖石遺跡にある「尖石」です。
周りには、御柱が4本、建っていました。

この尖った石があったので、この地区が尖石と呼ばれるようになったんだそうです。

縄文時代の樹は残っていなくても、石はそのまま。
当時の人は、どんな気持ちでこの石を見ていたのでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

尖石

最近、鉱物、石器採集にはまっている私としては「尖石」がちょっと気になります。
今回はグルメレポートはなしですか?

私達ったら。

こんばんは。
尖石にはわけあって(?)時々行くのに、尖石を見た事がなかった(恥)
手前にある縄文の湯はゆっくり入れるのと
縄文茶屋の丸くて大きな揚げたてのかきあげが入ったお蕎麦は
じゅっ!という音と一緒に楽しめます!

縄文

いつもブログを見ていただき、どうもありがとうございます。

写真の「尖石」は安山岩だそうです。

考古館の中には、打製石器や磨製石器も展示されていました。
和田峠が黒曜石の産地だったので、諏訪の山間部に遺跡が多いのかも知れません。

今回は、尖石遺跡のちょっと下にあった、手づくりアイスクリームの店に入ってお茶をしました。
縄文の湯のすぐ近くです。
1カップに2種類選ぶことが出来て、なかなか美味しかったですよ。

縄文茶屋は、かき揚げの「じゅっ!」という音にひかれます。
考古館の資料室に未練があるので、また行く機会があったら、昼はそこかな。
プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR