FC2ブログ

得体のしれない不安感

東日本を襲った大震災。
4日経って、避難されている方の状況は厳しくなっている感じがします。
交通がマヒしているので、必要な物資が届きません。
さぞ辛い思いをしていることでしょう。

揺れは収まっても、原発の被害は進行中で、これからどうなるのか不透明。
得体のしれない不安感におそわれます。

栃木県では、原発事故で避難された方の受け入れを表明しました。
長野県は中部電力で計画停電もないのだから、是非受け入れをして欲しい。
現地に行ってボランティアは出来なくても、来てもらえば出来ます。
少人数では心細いでしょうから、ある程度大勢で来られることが望ましいかも知れません。

決断して、行動して欲しいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

信じられないような事態になってきました。
うちの息子も受験のため、ちょうど11日に埼玉に行ったのですが、到着してすぐに地震が来て電車が止まってしまいました。結局試験は中止になり、やっと昨日帰ってきました。

まだがれきの下で救助を待っている方を一刻でも早く助け出してほしいと思います。

そして今は、原発がどうなるかが心配です。私は安全性が確保できるのなら原発は必要だと思っていましたが、やっぱり不測の事態が起こったときに、人間の力ではコントロールできないことが解りました。

今はとりあえず電気、ガソリンの節約に努めています。

4日間、よく頑張ったね。

4日間もの間、良く頑張って帰ってきました。
さすが「なずなのとうちゃん」さんの息子です。

11日、我が家でも安否確認のため色々なところに電話をしたのですが、実家の父親と連絡が取れず、やっと通じたら「あずさ」の中。1人で明治神宮に参詣に行き、帰りに小淵沢の手前で足止めを食らいました。電車が動いて帰宅した旨の連絡が来たのが夜11時。高齢ゆえ心配しましたが、大丈夫でした。
それと、箕輪町に住む妹の息子が富山に受験に行っていて、試験は予定通り12日に実施。富山にもう1泊したあと、遠回りになりましたが高山本線経由で帰宅しました。
被災された方には申し訳ありませんが、親戚、知人においては大したことが無くて良かった。

中部電力から東京電力に送れる電力には限りがあるそうで、その分は余剰電力で賄えるそう。
と分かっていても、節電しなくてはいられない気持ちになります。
買い物も、普段はカミさんと別々に出かけるのですが、きょうはガソリンの節約のため一緒に出かけます。

原発も、ずっと冷やし続けなくてはならないとしたら、大変なこと。
実は解決策が見えていないのではないかと、勘ぐってしまいます。
プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR