FC2ブログ

六文銭で食べ歩き

3月3日に、姨捨経由で松代に行ってきました。

今回の目的は、松代の大本営地下壕の見学で、姨捨は通るついでの棚田見学。
電車で通る時に駅付近から見たことはあったのですが、ちゃんと見たのは今回が初めてでした。

姨捨

長徳時前の駐車場にクルマを停めて、公園から駅を経由して棚田までハイキング。
眼下には千曲川沿いの平らが広がっているのに、何故、こんな斜面に棚田が作られたのでしょう?
おまけに、棚田より高いところに鉄道が通っているのですから、不思議な光景です。

この日は、昼になっても気温が上がらず、田んぼの脇を流れる水路の水しぶきは白く凍りついていました。


松代では、まず最初に観光案内所に行って、情報をGET!
「信州・まつしろ ワンプレート ワンコインMAP」に載っているお店で昼ご飯にし、600円で購入した「六文銭食べ歩きチケット」で、お店巡りを楽しみました。

六文銭食べ歩きチケット

写真は、六文銭チケットで引換えた品々。
オリエンテーリング的な楽しみプラス普通に購入するよりも1.5倍から2.5倍もお得でした。

そして、十分に楽しんだ代償として、目的の大本営地下壕に行く時間がなくなってしまいました。

いつものパターンとはいえ、次回は目的地までたどり着けるのか、不安を残す松代行きでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おもしろい企画ですね、600円で写真のお土産はなかなかいいと思います。

私、カレーも好きですが、あずきも好きなんです。

そろそろ春が近づいてきましたが、我が家の桜は散りました。

安曇野の桜は、これから咲くのです。

「六文銭食べ歩きチケット」に協賛しているお店は、全部で15軒。
そのなかから曜日と時間が合うお店を探して市内をうろうろしたのですから、思うつぼにはまったわけです。

最初に行った宮坂酒造店の「御神酒飴」は、入ってすぐのところに試食があり、横に爪楊枝が添えられていました。堅そうな飴に爪楊枝もないだろうと思い、手でつまんで食べてみたところ、甘酒のような味と酒粕の香りで、美味。そして、爪楊枝が刺さるほどの柔らかさでした。
カミさんに、(チケット以外に)買って帰ろうといったのですが「また今度!」と却下されてしまいました。

次は、通りを挟んであった象山屋菓子店の「石衣」。
戸を開けて入ったら、そこはレジの裏で、陳列棚の裏。
優しそうなおばあさんと場所を入れ替わって、お客さんになりました。

この石衣、1つ50円のこしあん菓子が5ヶ入って250円で売られているもの。
試食で1つずついただいて・・・なんて気前がいいのでしょう。
おまけに美味しかったし。
申し訳ない気もあって、1つ50円の饅頭を買い求めてしまいました。
ちなみに、手づくりの桜餅が1つ60円で売られていて、どうやら儲ける気は無さそうです。

「ちえもち」は象山神社の社務所に置いてありました。
象山とは、もちろん佐久間象山のこと。
松代の誇りであります。

門前おやきでGETした「こねつき餅」は、まわりの皮に米の粒が残っていて、これも、初めての味と食感でした。

松代の街には昔ながらの建物が多く残っていて、コンクリートの建物がなく、いい感じ。
お勧めです。


桜の開花予報ですが、我が家でも、いつ咲くのだろうと気にかけていました。
まあ、散ってしまったらしょうがない。

楽しみは来年までとっておこうと思っています。
プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR