FC2ブログ

雨引山に登ってきた。

「わんこを連れて里山ハイキング」第2段として、松川村の雨引山に登ってきました。

馬羅尾高原の登山口近くにクルマを停めて、いざ登らん。
雨引山登山口

例によって、いきなりの急登です。
急な登りです

稜線に出ると、道はなだらかに。
まめに標識が出ているので安心です。
標識

熊ノ倉岩
上を越えていくことも出来るけれど、手前から左側の道でトラバースした方が無難。
熊ノ倉岩

熊ノ倉岩の先に一番の難所あり。
固定ロープがあり、わんこに引っ張られると危ないので先に行かせてから降りました。
急な下り坂

こんな細い尾根道もありました。
細い尾根道

高山植物も咲いていました。これは白色の「イワカガミ」
イワカガミ

コメバツガザクラ!?
コメバツガザクラ

鶴が舞っているような「マイヅルソウ」
マイヅルソウ

東京電力の送電線が谷を通っていました。
高瀬川から塩尻の変電所まで行き、そこから遠く関東地方まで送電されています。
ここからは、餓鬼岳から爺が岳、鹿島槍ケ岳が見えていました。
送電線の谷

雨引山山頂に到着。
大和田神社奥宮の祠がありました。
大和田神社奥宮

頂上には赤い鳥居と二等三角点とベンチがありました。
登山口からここまで2時間。
花の写真を撮りながらにしたら、まずまずのペースです。

赤い鳥居と二等三角点とベンチと

山頂の東側には、北安曇郡の平が広がっていました。
「まろん」と「すもも」に水をあげて、一緒に、パンとおにぎりの昼食を食べました。
雨引山山頂

山頂で30分ほど過ごした後、下山を開始。
途中から道が分かれます。
下山道分岐

細い九十九折りの道を下ると、林道に出ました。
沢が道を横切っているところあり。
雨の後は大変かも。

沢を渉る

林道のゲートに到着
ゲート

ゲートの逆側には、「有明山登山コース」と「大和田神社奥宮入口」の看板がありました。
ここからクルマを停めたところまでは、もうすぐ。
下山にかかった時間は45分ほどでした。
有明山登山道との分岐標識

富士尾山に比べると、雨引山は登山道が整備されていて眺望も良く、お勧めです。
ちなみに、富士尾山では誰にも会いませんでしたが、きょうは1人だけ会いました。

わんこは、相変わらず元気いっぱいでした。
スポンサーサイト



プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR