FC2ブログ

部分日食

松本より南では金環食が観られたようですが、安曇野では惜しくも輪にならず。
それどころか、何の準備もせず散歩に出かけてしまったものだから、見ることも出来ませんでした。

でも、明らかに暗くなり、寒くなり、日食を体で感じました。

日食の影
アスファルトに映った木漏れ日

茂った木の葉の間から洩れてアスファルトに映った太陽の光がリング状になっていました。

珍しい自然現象下でも「まろん」と「すもも」には何ら変わりはありませんでした。
スポンサーサイト

「ねねの話」 ザ・万歩計より

万城目学のエッセイ集「ザ・万歩計」。
第4章に出てくる「ねねの話」は、作者の実家で飼われていたネコの話です。

作者の妹が拾ってきた黒ネコ。
そのネコの最期のシーンが、我が家の「ぶさいく」にそっくりでした。
以下、抜粋・・・

しきりに水を飲んでいる。
咽が渇いているのかと訊ねると、腎臓がよくないねん、年やねん

丸くなることもできず、横に倒れるようにして、フローリングの上に寝ていた

立つことも無理そうに見えるのに、ときどき様子を見にいくと、忽然と姿が消えている。
慌てて家族が家の中を探すと、場所を変えて倒れている

息をするのもやっとなはずのねねが、玄関のドア前に立ち・・・
そんな臆病なネコが、外に出せと叫んでいる。
死はすぐそこに来ていた。


カミさんにも見せたら、読み終わった後、ちょっと涙ぐみながら「ぶ~ちゃんそっくり」。
「不思議だね、やっぱり外に行きたがるんだ」と。

このエッセイ集、文春文庫から514円(税別)で出ています。

「鴨川ホルモー」や「プリンセス・トヨトミ」を書いたきっかけも載っていて、お勧めです。


ぶさいく
こちらは2月22日の「ぶさいく」
この頃は、弱りつつも元気だったのに・・・
プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR