スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んこ、ふんじゃった!

先週の平日は、週末分のストックがおぼつかなくなった牛煮込とカレーの仕込をしていました。
晴れていようといなかろうと関係なく、北向きの厨房の中でコンロに向かう日々。
野菜を刻んで炒めて、牛肉を炒めて煮込んで・・・
カレー用の玉葱は刻んだ後ミキサーにかけてアメ色になるまで炒めて・・・
今まで2つの仕込が重ならないようにしてきたのですが、とうとう同時進行に。
おかげで、なんとか週末には間に合いました。

ところが、肝心な週末には、今度、仕込の疲れが襲ってくるのです。
たまりません。

すもも

写真は「すもも」です。

先日、「まろん」と「すもも」をクルマに乗せて、ちょっとお出かけをしてきました。
ドッグランで思う存分走らせてから、イヌ2匹、クルマに積んでいるキャリーボックスに入れて帰ろうとしたところ、ぷ~んと漂う、んこの香り。
一瞬、我が家のワンコがお漏らししたかと思ったのですが、そんなことは無く、カミさんが履いている靴を見たところ何の問題もなし。そして自分の靴を見たところ、んこがべっとり。
なんと、ニオイの犯人は自分でした。

ドッグランの外にあった大型犬のんこを、全く気付かずに踏んでしまったらしい。
それも両足で!

靴底の溝に入り込んだのを木の枝でかき出して、水で洗って、散々悪態をつきながら帰宅の途に。
これは絶対に飼い主が悪い。
ゴールデンだかラブラドールだか知らないけれど、頼むから「うんこ」は片付けてくれ。
スポンサーサイト

妙高小谷林道

10月19日の続きです。

岩岳スキー場でマウンテンビューを楽しんだ後、妙高小谷林道に行ってきました。

この林道、1年間で通れるのが2~3ヶ月くらい。
雪がいつまでも残っているし、大雨が降れば崩れるし、いつも工事をしているし、難易度が高い。
今回も駄目元で小谷村役場に電話をして確認したところ、嬉しいことに通行可。
迷わず行ってみました。

小谷側の入口は小谷温泉の最奥にある露天風呂のすぐ近く。
途中では、鎌池で紅葉の撮影をしていたと思われる県外ナンバーのクルマと多くすれ違いました。
 
林道入口からしばらくは舗装されているので快適です。

陽は傾きかけていましたが、空は青く、紅葉とのコントラストが際立って、とても綺麗でした。

妙高小谷林道の紅葉


長野県と新潟県の境にある乙見山トンネルです。

乙見山トンネル

この付近は未舗装路で、林道の醍醐味が十分味わえます。
といっても、楽しめるのはオフロード車で、普通の乗用車では下回りを打つかも知れません。


笹ケ峰

林道の新潟県側は下りのダート。
途中のカーブから、 乙見湖が見えました。

以前通った時は夏前で、雪渓が残り、路面はもっと荒れていた記憶があります。
今回は、快晴で紅葉も見頃。
本当にラッキーで、カミさんも大喜びの林道ツーリングでした。

*前回は新潟県側から入りました。
 クルマは、林道の友・ジムニーで、助手席には愛犬「りんご」がいました。
 この迷コンビで、大網から鎌池の林道なんかも走破しています。

白馬岩岳ゴンドラリフト

10月19日(水)は「キッチン」の定休日で「やど」はお休み。
夏シーズンに一生懸命働いたご褒美のような青空が広がったので、急遽お出かけしてきました。

まずは、白馬岩岳スキー場のゴンドラリフト「ノア」に乗って、紅葉の散策を楽しむことに。
このゴンドラリフト、イヌの乗車が出来るので人気があります。
R148沿いにある白馬の道の駅で乗車チケットを割引で購入。
ゴンドラ往復1人1,300円なり。
そして、ゴンドラ乗り場でイヌの乗車券も購入。
こちらは1匹350円とお得です。

ノア

初体験のゴンドラリフト。
最初は落ち着かなかった「まろん」と「すもも」ですが、途中からは真剣に景色を見ていました。

ゴンドラの終点からドッグランに向かうと、ドッグランの柵のすぐ横にカモシカが。
好奇心が強いのか、こちらに気付いても全然逃げませんでしたが、
近付いたら、横の林の中に消えていきました。


この日は本当に天気が良かったので、山が実に綺麗に見えました。

白馬岳

大雪渓は尾根に隠れて見えませんでしたが、白馬岳です。

西側には、鹿島槍ケ岳から白馬乗鞍岳まで。
東側には、雨飾山から戸隠山までが綺麗に見えました。

イヌを連れた人と大きなカメラを持った人が多く、みんな、最後の紅葉を楽しんでいました。

紅葉前線降下中

朝方まで降り続いた雨は、朝方になってうそのように上がり、綺麗な青空が広がりました。

そして・・・

紅葉

山の紅葉が、随分下まで降りてきました。
標高1500mくらいが見頃でしょうか。


今年の紅葉は、夏の不順な天候のせいか赤色が今一つ。
「ぶたのしっぽ」の近所のドウダンも、例年ならもっと綺麗なんです。

どうだん

それでも、早朝、日に日に色付く紅葉を見ながら散歩するのは気持ちが良いもの。
「ぶたのしっぽ」に泊まられたら、是非、早起きして散歩をしてみてください。

清々しい空気を吸った後は、朝食も、いっそう美味しく召し上がられることと思います。

一雨毎に秋が深まる

昨晩から今朝にかけて、久しぶりの雨降りになりました。

稲刈の終わった田んぼは茶色で、山麓から見える山々は雲の中。

紅葉は雲の中

でも、雲がとれたら、思いがけず山の下まで紅葉前線が下ってきているかも知れません。

そう考えると、ワクワクします。

紅葉と初冠雪

今朝の気温は5度でした。
散歩の時、手袋をしたくなる寒さです。

久しぶりに北アルプスの稜線がくっきり見えて・・・

稜線の紅葉

台形の形をした有明山の左側に燕岳から大天井岳の間の稜線が、右側に餓鬼岳が見えていますが、
随分赤く色付いているのが分かります。

そして、北アルプス北部に目を移すと・・・

初冠雪

爺が岳はうっすらと、鹿島槍ケ岳から北はしっかりと白くなっていました。
午後には融けたようでしたが、紅葉は終わりかも知れません。


体育の日の連休は、まずまずの好天に恵まれそう。
でも、朝晩は冷え込むと思います。
くれぐれも、暖かい仕度をお忘れなく。

小岩嶽農場も、稲刈しました。

10月2日の朝、散歩で通ったら、小岩嶽農場の田んぼでも稲刈が行われていました。

稲刈

10月になってから稲刈とは、昔に比べれば随分遅くなったものだと、農場主の伊藤さんに言ったところ苦笑い。
それだけ温暖化が進んだとも言えますが、早く植えると味が乗らないし、遅ければ台風のリスクが高まるし、
伊藤さんとしては、味の方を選んだのでしょう。
ありがたいことです。

北アルプスの稜線では、初冠雪があったそう。
「ぶたのしっぽ」からも、今朝、蝶ケ岳に向かったお客さんがいましたが、きっと驚かれたことだろうと思います。


明日の朝は、この秋一番の冷え込みだそうで、穂高で4度の予報が出ています。
里に比べると「ぶたのしっぽ」のある山麓の方が暖かいので、少しはマシでしょうけれど、寒いことには変わりなし。

震災で被災した東北にも、栄村にも、厳しい寒さがやってきます。
どうぞ負けずに頑張ってください。
プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。