FC2ブログ

駒ヶ根で、ソースかつ丼を食べてきた。

今週の定休日、本当は、伊那市にある分杭峠に行ってゼロ磁場を体験しようと思っていたのだけれど、先日降った雪が道路に30cmほど積もっているとのことで断念。
代わりに選んだのが、駒ヶ根の光前寺でした。

到着が昼頃だったので、まず腹ごしらえにソースかつ丼を食べることに。

駒ヶ根のソースかつ丼は、B級グルメ選手権にも毎年エントリーしている地域の味。
今回は、インターのすぐ近くにある明治亭に行ってみました。

ちょっとしたファミレスほどの想像していたより大きな店で、12時半ごろに到着したら、ほぼ満席。
大繁盛です。

明治亭のソースかつ丼

写真は、ソースかつ丼(200g)1,190円也。
これが長野県産の豚肉160gになると1,340円になります。

キャベツがてんこ盛りで、ソースの味は甘めで控えめ。
結構、食べごたえがありました。

さて、ここで思ったのが「ぶたのしっぽ」の「ポークかつカレー」だの卵とじの「かつ丼」のこと。
カツには長野県産の豚肉を惜しげもなく使っているし、カレーにも手間がかかっている。
丼の卵も、地元の養鶏場から仕入れている岡崎おうはん。
つゆは、丸大豆醤油や三年熟成本みりんを使って作っている。
その値段は・・・

きっと明治亭の方が適正なのでしょう。


光前寺に行ったら、鹿教湯温泉や松本からもバスが来ていてビックリ。
庭には雪が残っているし、おまけに吹雪で、分杭峠に行かないで良かった。

飯島町の道の駅「花の里いいじま」に行って産直の野菜を物色し、隣の「信州 里の菓工房」でお茶をして、吹雪の権兵衛トンネルを通って帰りました。

「信州 里の菓工房」は、おしゃれなスイーツの店。
和菓子洋菓子よりどりみどりで、300円の飲み物と400円以下のケーキの組み合わせで550円のセットあり。
農道沿いなのに若い女の子で賑わっていて、われわれが一番の年上のようでした。
甘い物好きな方には、かなりお勧めです。
スポンサーサイト



プロフィール

busa19

Author:busa19
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR